スポンサーリンク

先日面接で「素人なんですけどアニメーターになりたいです」という方がいらっしゃいました。専門学校に行ったわけでもなく、イラストを描き始めたのもここ1年くらいの方です。

はじめに言っておくと、うちで募集しているのは即戦力のアニメーターだったので、その面接じたいはアドバイス的な感じでセッティングしました。

そこで話した内容をもとに、「ど素人だけど、アニメーターとして働きたいです」という方のために、どんな方法があるのか、どういったスキルがあれば働けるのかを、ここにまとめましょう。

イラストレーターとアニメーターの違い

絵がうまければ、すぐにでもイラストレーターとして働き始めることはできます。昨今でいうと、アプリ系のイラストなど、絵師さんが描いていることも多いです。

ですが、アニメーターとして働き始めるには、ちょっと難しい部分があります。

業界用語や、作る工程のなかで特殊なものも多いからです。

その中でも、イラストレーターとアニメーターの一番大きな違いは、キャラクターを動かすところです。動く絵を描けることはもちろんですが、動かし方を記した「タイムシート」と呼ぶものも書けないといけません。

このように専門知識やスキルなどを身につけて初めて、アニメーターとして働き始めることができます。

アニメータになるためのオーソドックスな道のり

アニメーターになるために一番オーソドックスなのは、これ。作画系の学校に行って、就活してアニメーション会社に入る方法です。

学校というと、専門学校や大学を思い浮かべるかもしれませんが、作画スクールなどの教室系もあります。作画スタジオや制作会社が開いているスクールも多く、そのまま作画スタジオに就職できる可能性もあります(個人の力量による)。

値段は、月6千円ほどのところもあれば、月10万円するところもあるようにピンキリです。気になった人はいろいろ見てみましょう。

いきなり作画スタジオにいく

ある程度イラストを描いたことがある人なら、いきなり作画スクールに面接をお願いしに行くことも可能です。学校に行かないなら、これが一番手っ取り早くて現実的

作画スタジオに入社すると、たいていの場合は「動画」という仕事から始めることになります。アニメーターの登竜門で、皆さんここで修業を積んでいろんなスキルや知識を覚えていくのです。

タイムシートの読み方などもやりながら教えてくれるので、ある程度のイラストが描ければ雇ってくれるところもあります。

ただ、ライバルとして専門学校や大学を卒業した人たちとのイスの取り合いになるので、その覚悟は必要です。

その点を踏まえると、小さな作画スタジオでは、素人でも働かせてくれるところもあるので、そういったところにアプローチしていくといいでしょう。求人が出ていなくても、とりあえず電話してみることが大切です。行動していきましょう。

ちなみにプロデューサー曰く、「お前(絵を描いたことがない僕のこと)でも入れる」そうです。

とはいえ、「描いた絵見せて」とは言われるので、ある程度は練習してポートフォリオを作っておきましょう。

制作進行からアニメーターにジョブチェンジ

もう一つ、学校に行かない方法で現実的なのが、制作進行からのジョブチェンジです。

ちょっと回りくどい気もしますが、アニメーション制作の行程も知れて、知識としてタイムシートも読めるようになりますし、何と言っても人脈が広がるところが大きな強みです。

制作進行をやっていく過程で出来た人脈をたどって、作画さんや監督に弟子入りすることもできますし、スキルを習得した後は営業先もいっぱい知っているわけです。フリーになった時も困りませんね。

実際、今お付き合いがある作画さんの中には、元制作進行の方もいらっしゃいます。

ただ問題は、日々の制作進行の業務の中で、自分を見失う可能性があること。業務をこなしながらイラストの練習をするのはなかなか精神力を使います。その中でモチベーションを保ち続けていくための工夫も必要かもしれません。

待機時間も多いので、時間はいっぱいあります。その時間をどう使うかはあなた次第。

制作進行からは、アニメーター以外にも、監督や演出など、ほかの道にも進みやすいです。

「アニメーター」を名乗ってしまう

アニメーターには「資格」がありません。なので、ものすごく乱暴ですが「今日からアニメーターです!」といってしまえばもうあなたはアニメーターです。

知識もスキルもあるなら、作画スタジオではなく、制作スタジオに仕事をもらいに行くのも一つの手です。フリーのアニメーターを名乗るってことですね。

その場合、もちろんのことながら、最低でもポートフォリオの提出は求められます。

仕事を受けたならやり切るしかないので、あまりお勧めはしません。大体一度に受ける仕事の量は、2週間で10カットくらいが目安です。「やっぱりできませんでした」では済まないのです。

スポンサーリンク

カテゴリー: 雑談

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)