スポンサーリンク

イラストなど絵を描くとき、パースに頼りすぎてもだめですが、パースをしらないと話になりません。

特にアニメの場合、キャラとキャラが演技をする空間で背景のパースがずれているとおかしなことになります。

ということで、今回からパース講座みたいなことを特集としてちょっとやっていきます。第1回目となる今日は一点透視です。

ではいってみよう!

パースとは

消失点に向かって引いた補助線。

消失点向かうにつれて小さくなっていくので、奥行きを出すことができます。

一点透視図法とは?

上の参考画像のように、消失点を一つとした構図。最も基本です。

この間のスパイダーマンのやつも一点透視構図で描いたつもり・・・(縦ラインも横ラインもくるってるのでちょっとおかしいけど。)

実際に一点透視で絵を描いている動画を見てみよう!

実際にどういう風に描いているのかは見てみるのが一番わかりやすいです!

1・まずはアイレベル(水平線)を決めて、そこに消失点を作ります↓

2・そこからパース線を引きます。

3・パース線に沿って、描きこんでいきましょう!

4・あとは描きこんでいけばいい感じの絵になります!(笑)

一点透視構図のいろんな絵

街を一点透視構図で。

ふかんで

ポイントをずらして並木道

とまぁ、一点透視の構図をご紹介してみました!

なんか映画のワンシーンとか書いてみてください~

ちなみに今回ご紹介した動画はすべてCircle Line Art Schoolさんの動画です~

スポンサーリンク

カテゴリー: パース

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)