スポンサーリンク

三点透視図法とは

一点透視、二点透視は主に「横」でしたが、そこに「縦」もくわわるのです。Z軸です。

こんな感じ↓

より立体感が出ますね!

模写とかやってるとそこまで必要とはされていないみたいですが、アニメーション現場においてはキャラ目線のBG描くことも多いし、アオリや俯瞰の構図を描くときなどいろんな表現をしないといけなので、必須です。

さて今日もCircle Line Art Schoolさんに教えてもらいましょう!

三点透視図法を動画で見てみよう

まずはアイレベルを決め、消失点を2つ作ります。

そして上(もしくは下)のほうに3つ目の消失点を作ってアイレベルのラインに向かって垂直な線を伸ばします。それが基準の縦ライン。

全ての縦ラインは、3つ目の消失点に向かって収束していくのです!

とまぁこんな感じ。

パースをもっときつくすれば、より迫力のある絵になります。一人称視点で見上げるときや、見下ろすときなどの構図で重宝することになるでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー: パース

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)