スポンサーリンク

監督の口癖「うまいアニメーターはどこにいっちゃったのかなぁ」「いつまでたってもらくにならんなぁ」から始まった作画スクールの案。

ちょっとずつ内容が詰まってきているので、先行でお知らせです。

 

通信制○○作画スクール

6か月(月4回) 全24課題

月に2回受講者で集まって、○○監督からの直接指導あり!

基本システム

  1. 週1回で課題を出します。
  2. 郵送、またはスキャンデータを送っていただきます。
  3. 監督チェックバックと、課題のポイントの解説を答え合わせとしてお送りいたします。
  4. ひたすら繰り返します。

私たちは戦力となる人材育成をします。

 

地味だけど確実に力をつけてもらうために

大体の作画スクールは受講者に受けのよさそうな内容を教えているだけです。

それはつまり、「現場で戦力となるスキルをつけること」とは全く違うのです。

今企画されている内容は基本地味です。「受けがいいこと」よりも「戦力を育てること」を念頭に置いているのです。

詳しい内容はまだ公開しませんが・・・

 

2017年春!!第一期生の募集を開始予定

監督のお名前や内容はそこで公開します。当サイトのTOPページで大々的にお知らせしますので、気になる方はBOOKマークしといてくださいー。

第一期生の予定定員はMax15名です。

 

監督に本気で育ててもらうため、ここが限界です。

スキルを身に着けたい人は当サイトを要チェックです(笑)

 

うまいアニメーターがいればみんなハッピー!!

「どっかに幸せ転がってないかなぁ」って監督がいつも言ってる(冒頭のセリフと大体セットです(笑))ので、僕は言いましたよ。

「じゃぁ、アニメーター育てましょうよ」と。

 

つまりこういうこと。

  1. うまいアニメーターが育つ
  2. 監督修正が楽
  3. リテイクも減る
  4. 予算を食いつぶさなくて済む
  5. みんなのギャラが増える
  6. 時間に余裕も出る

どうよ?(笑)

 

まぁ最初っからここまでうまくいくとは思ってませんけど。目指すところはこれですよ。

実際今のアニメ業界には改革が必要ですからね。私が動こうじゃありませんか。監督に動いてもらおうじゃありませんか!

 

てことで、今後の情報をお待ちくださいー

スポンサーリンク

カテゴリー: 未分類

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)