スポンサーリンク

アニメーション制作の現場においてよく使われるフォトショップ。特に美術やさんなど背景を描く人にとっては必須ツールです。フォトショで描きます。

僕は主に背景担当としてアニメ会社で働いているのですが、社内にも美術かける人を入れようぜ!っていう流れになってます。

人が入るかどうかは置いといて、美監さんにどんな設備があればいいか相談に乗ってもらいました。

そこで今日は、将来アニメ業界に来てくれるかもしれない人のために、フォトショップを動かすために必要なパソコンスペックをまとめようと思います!

フォトショップでイラストを描くのに必要な環境

まずはパソコン以外も含めて、フォトショップでイラストを描くために必要な環境を見てみましょう。以下の通りです。

  • パソコン
  • モニター
  • ペンタブ
  • フォトショップ

【パソコン】

詳しくは後程話しますが、ある程度高スペックなパソコンが必要です。ノートパソコンだと無駄に費用が高くなるのでデスクトップがおすすめ。

モニターも色味の関係で専用のものがほしいです。

【モニター】

モニターは先ほど言ったとおり、色味の関係で専用のものを用意しましょう。ノートパソコンのそのままのモニターだったりすると、くうらいところがつぶれたり、微妙な色味の変化がわかりにくいです。

おススメなのは、ナナオのEIZOシリーズのモニターで、27インチのもの。ただ、27インチになると値段が跳ね上がるので、一個下の大きさでも大丈夫です。

いま軽く調べてみたら、27インチだと10万ちょっとします。アマゾンで3万円くらいの中古もありましたので、それでも大丈夫でしょう。

【ペンタブ】

ペンタブは「Wacom Intuos Pro 」これ以外は話にならんとのことでした。おススメはLサイズです。ストレスなくできるのがこのサイズですが、多少のことは目をつぶるって方は、Mサイズでもまぁいいかな。って感じだそうです。

メーカーの販売ページで、アクセサリーセットが、54,000円でした。Amazonで中古などもみてみましたが、不具合が起きていることも少なくなかったので、安心安全の正規ルートで新品を買ったほうがいいでしょう。

【フォトショップ】

フォトショップを動かす環境をまとめているので、これがあるのは当たり前ですが、フォトショップにもいろいろバージョンがあります。

大きく分けると買い切りのエレメンツと、月額制のCCです。エレメンツは買い切りですが、15,000円くらいで機能の制限もあるため、バージョンアップも無料で出来る月額制のほうがおすすめです。

月額制のほうを詳しく言うと、980円と2,480円のプランがありますが、メンバーサイトやクラウドへの保存料、フォントの種類などサービス内容が違うだけで、フォトショップ自体の機能に差はありません。なので980円のほうで大丈夫です。

もし、動画編集のプレミアやアフターエフェクトなどフォトショップ以外のアドビ製品も使いたい場合は、月額5,680円でコンプリートプランもあります。

フォトショでイラストを描くためのパソコンスペック

それではいよいよ本題のパソコンスペックについてお話します。気にする点は下記4つ。

  • メモリ
  • CPU
  • ハードディスク
  • グラフィックボード

【メモリ】

処理速度、同時にできる作業の量に関係します。詳しく話すと長くなるのですが、フォトショップでストレスなくイラストを描くには16GBほしいです。

この数値が高ければ高いほど、スペックのいいパソコンとなるのですが、フォトショップだけで考えると、16GBよりも上のメモリを積んでいても、それに対応していないので宝の持ち腐れになります。もちろん問題なく動きますが。

なのでメモリは16GBのもので探しましょう。

【CPU】

処理速度に直結します。これは性能が良ければいいほどいいのですが、その分電気を食う量も大きくなります。性能はクロック周波数というもので判断しますが、製品名で覚えてしまったほうが楽です。

IntelのCPUが有名です。最近でいうと、 Core i9まで出ていますが、Core i7で大丈夫です。

【ハードディスク】

保存容量です。最近のパソコンはだいたい1テラあるので特に問題ありません。外付けで増量できますし。

気にしたほうがいいのは、SSDというものがついているかどうかです。SSDも保存容量なのですが、SSDの場合はやり取り速度が速いので、起動がものすごく速くなります。

フォトショップのソフト自体をSSDに保存しておけば、かなりストレスが軽減されるでしょう。

【グラフィックボード】

映像の美しさ、速度に影響。グラフィックボードはあってもなくてもいいですが、あればより快適に作業ができるようになります。

グラフィックボードも色々種類がありますが、なんでもいいです。あればいいなぁってレベルのものなので。

【まとめ】

  • メモリ・・・16GB
  • CPU・・・・Intel Core i7シリーズ
  • ハードディスク・・・・SSDがついていればいいなぁ
  • グラフィックボード・・・あれば最高だね!

って感じです。

このスペックのパソコンで大体15万円ほどでした。メーカー製のパソコンでなく、Btoで自分でパーツを選んで買うタイプのほうが余計な機能も少なく、安く購入できます。ドスパラとかがわかりやすいかな。

余計な機能がないということは、バックグラウンドで動いていたり、スタートアップで強制的に起動させられる無駄なソフトもないので、その分サクサク動きます。そういった点でもおススメ。

全部でいくら必要?

フォトショップでイラストを描く環境を0からそろえる場合、いくらくらい必要か見てみます。

  • パソコン・・・・・15万
  • モニター・・・・・10万
  • ペンタブ・・・・・5万
  • キーボード・・・・3000円
  • マウス・・・1000円
  • フォトショップ・・月/980円

ざっくりですが、こんな感じです。税込みで35万あれば足りるかなって感じですね。それと月々のフォトショップ1,000円くらい。

まぁプロの環境なので、これからデジタルイラストをはじめたいって人はクリスタ&液タブとかでもいいんじゃないでしょうか。

そんな感じでm(_ _)m

スポンサーリンク


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)