スポンサーリンク

PhotoshopCC2017です。

自然物を描くときなど、既存のブラシだけだと使いにくいですよね。そんな時はオリジナルブラシを作りましょう!今日はフォトショップの基本の1つ「ブラシ」の作り方を説明します。

ブラシの作り方

  1. 新規レイヤーの作成
  2. 適当に塗る
  3. ブラシの定義
  4. ブラシの登録

【1:新規レイヤーの作成】

まずは新規レイヤーを作ります。画像では真っ新なところに書いていますが、作業中でも新規レイヤーにブラシの先端を作ることで、それを登録できます。

【2:適当に塗る】

ブラシの先端を作る作業です。適当に塗りましょう。

この時に不透明度を変更したり、元となるブラシの先端をナチュラルブラシなどを使うと、より不規則なものを作ることができます。

色は何色でもいいです。

【3:ブラシの定義】

描いた画像をブラシとして設定します。

選択して、「編集→ブラシの定義」の順で設定しましょう。

これでその画像をブラシの先端として使うことができます。

【4:ブラシの登録】

その場で使うだけならブラシを定義して終わりですが、せっかくなので、今後も使えるようにブラシを登録しましょう。

ブラシメニューの歯車マークから「ブラシを保存」というものを行ってください。

これでいつでも使えます。

作ったブラシを使う

ブラシウィンドウの歯車マークをクリックして出てくるメニューの中に「ブラシファイルの読み込み」というものがあります。

ここからいつでも作ったブラシを使うことができますので、必要な場合はどうぞ。

もちろん、他のブラシ同様シェイプや散布の調整もできます。

いかがでしょう??ブラシを作るって最初はどうすればいいかわかりませんでしたが、やってみるとめちゃくちゃ簡単でした。

作ったブラシでさらにブラシを作るなんてこともできますので、ぜひやってみてくださいませ~

スポンサーリンク


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)