スポンサーリンク

いろんなイラスト検索しているとたまに色鉛筆で描いたイラストをみつけて、色鉛筆独特の雰囲気にあこがれを持つことがあります。

あの淡くて切ない雰囲気いいですよね?

でもいざ自分で描いてみようとすると、これがなかなか難しい。とにかく描いていくのが上達のためだとはわかっていても、練習の道筋のようなものがほしいです。

そんなの時に重宝するのが誠文堂新光社から出ている色鉛筆ワークブックシリーズなのですが、2018年7月にまた新しいワークブックが発売予定です。名前は「花の色鉛筆ワークブック」。

花の色鉛筆ワークブックの内容

引用・参考サイト:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000503.000012109.html

描きこみ式のワークブックで、影の塗り方や、重ね塗りの方法などをわかりやすく教えてくれるみたいです。

上記画像のように、塗っていく順番もわかりやすいので、ぜひこの本で色鉛筆の使い方をマスターしましょう!

スポンサーリンク

カテゴリー: イラスト・絵の練習

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)